松山旅行①

ゴールデンウィーク中の合間に松山に旅行に行ってきました。

松山と言えば松山城道後温泉くらいしかパッと言えないもので、実際には何があるのかよく判らないため好奇心からこの地に行ってみたのでした。

5月2日はあいにくの雨ということでレンタカーを調達し、松山市を観光せず隣町の大洲市を観光することとなりました。ガイドブックによると大洲は四国の小京都と言われていて、情緒ある城下町として存在しているのだそう。

車で1時間程度運転すると大洲市につくことができました。我々夫婦はさっそく大洲城に登城することにしました。

 

f:id:smartfitter:20180506164835j:plain

▼歴史・沿革
大洲城の歴史は、鎌倉時代末期、伊予国守護宇都宮豊房の築いた地蔵ヶ岳城に始まると言われています。その後、戦国時代を経て、近世初頭に大洲の地を治めた小早川隆景をはじめ、戸田勝隆、藤堂高虎脇坂安治、加藤貞泰ら各大名たちの造営を経て近世城郭が整備されました。

 

と書いてあります。

歴史ある古い城だったんですね。石垣は昔からのものをそのまま使用していましたが内装がなかったため近代に復原させたのですね。内装の階段はこのようになっていました。

f:id:smartfitter:20180506170356j:plain

このような急階段が4か所ほどあり、普段階段の登り慣れしていない私は恐る恐る階段を上ったのでした。城からの眺めは絶景で近くには川が流れていて、前に尋ねた犬山城のような雰囲気でした。

 

 

f:id:smartfitter:20180506170925j:plain

また、この地はノーベル物理学賞を受賞した中村修二さんを思い浮かべましたが、実際は中江藤樹の方が有名でした。

http://www.geocities.jp/bane2161/nakaetoujyu.html

近江聖人もしくは陽明学の祖と呼ばれる方です。勉学に励み努力すれば道は開けるという教えを広めていました。この地には努力し続ける人が多くいると思います。

雨がひどくなってきたため、大洲城近くの臥龍山荘に行き、日本庭園をちらっと見て、松山市に帰ってしまいました。この時には土砂降りでした。

続きは松山旅行②で報告します。

セゴビアゴルフクラブインチヨダ

f:id:smartfitter:20180505213948p:image

 5月1日五月晴れの中茨城県にあります、セゴビアゴルフクラブインチヨダに行ってきました。ここは上質なプレイヤーのみが参加できるいつもとは雰囲気が違ったゴルフ場でした。当然プレイヤー、コースレイアウトもいつもよりレベルが高くとんでもない数字を叩いてしまいました。

コース設計はラテラルウオーターハザードが至る所に配置されており、グリーン周りのバンカーも深くて手強かったです。またラフは深く配置されており、ラフに入れてしまうとアイアンでしかボールを出すことができないため、正確に刻むことが要求されました。最後にグリーン上はとても早く勝負をしかけると3パットをたくさんしてしまいますいます。

トータル的に考えて初心者はこのコースをまわってはいけません。ボールを何個無くすか分かりませんから。またインコースよりもアウトコースの方が難しいと感じました。

そんな感じでと難しかったのですが、ゴルフの高級感をモロに感じることができるので、気分転換してみたい人にとってはいいコースになると思います。

ランチメニューはセゴビア御膳を選びましたがこれがとても美味しくてGOODでした。風呂場も広くてホテルに宿泊している気分になりました。実力がついたらまた参加しようと思います。(今回は完全にスコアメイクできなかったので残念でした)

筑波国際カントリークラブ(第16回TGLカップ)

f:id:smartfitter:20180422222714p:image

 本日東京では真夏日を記録し初夏を思わせるかのような暑い日に筑波国際カントリークラブでコンペに参加してきました。

このコースは何度も来ているものの、高低差が半端なくアップダウンの繰り返しでコースセッティングされていること、またフェアウェイが狭く正確なショットが要求されることにより、初心者はオススメできないコースとなっています。

またグリーンはコウライグリーンであり芝目によって速くなったり遅くなったりするのでなかなか1パットでカップに鎮めることが難しいです。(普段ベントグリーンばかりやっている人間にとっては特にそう感じます)

アウトスタートからでしたが、初めからトリプルスタートで始まり苦手意識は克服されそうもなかったのですが、徐々にドライバーの調子が上がり始めたころから調子を取り戻してきましたがトータルで考えるとパー上がりがなかったので、やはり苦手意識は克服することはできませんでした

また飛距離を稼ぐスタイルのプレイヤーにはこのコースは余程距離があるコースでない限り、ティーショットではドライバーを封印して5番アイアンを使うようにしてください。ドライバーだと飛距離が伸びすぎてOBになってしまうコースであっても、アイアンならばしっかりとフェアウェイキープできるはずです。

最後にレストランで提供している筑波国際トンテキはこの時期とてもおいしいのでオススメです。肉厚で味も塩、コショウのみですが食べ応えがあり満足です。ただし付属でついているライスも大盛りで食べてしまうと後半の体のキレがなくなって、パフォーマンスが下がってしまいます。(写真は某先輩社員の昼飯ですw僕はこんなにライスを食べられませんw)

次回はセゴビアカントリークラブインチヨダに行ってきます!ここは楽しみなコースの一つです!

 

引き続きスプリングフィルズカントリークラブ

f:id:smartfitter:20180415172700p:image

一週間前になりますが引き続きスプリングフィルズカントリークラブに行ってきました。トータルスコアーは大分改善されたものの、インコースにトラウマがあるのかなかなか安定しませんでした。

スコアーにまとまりがない原因として考えられるのがインコースで随所に作られているクリークのハザードをどのように乗り越えるかが波にのれるかのカギになります。

ラテラルは視界で確認できるのでそちらの方面に打たなければ回避できるのですが、クリークは隠れていることが多いので何ヤード先にクリークがある、という情報が分かればそこに入る危険を回避できるのでグリーンオンのGPS端末を購入しようと思いました。

オリンピックはこのコースのグリーンは自分に合うらしく、今回も1パットで鎮められるケースが結構あったため勝つことができました。グリーンは素直なホールが多いので初心者でもチャンスはありそうです。

レストランの食事は相変わらず美味しく、今回来たメンバーは前回とは全く違いましたが、このメンバーの方たちにも高評価でした。

 次回は4月22日に社内コンペに参加してきます。オリンピックだけは負けないように心して参加してきます。(前回の社内コンペで私がオリンピックで買ってしまった部長さんがいて今回もその部長さんと同組だったため、何となくだけど負けられない状況だと感じているためです)

 

スプリングフィルズゴルフクラブ

f:id:smartfitter:20180325072508p:image

 

昨日は茨城県のスプリングフィルズゴルフクラブでプレーしてきました。体調は悪くはなかったのですが、ドライバー、アイアン、パター共にダメダメでした。唯一使えそうなユーティリティも後半になってくるとダフリ気味になってきて飛ばなくなっていました。

考えられる要因は決算時期にゴルフをやっている余裕は余りなく(しかしゴルフ場に来ているのですが)精神的にプレーにのめり込むことができなかったのだろうと考えられます。

気をとりなおしてランチにハイボールを飲んだのですが悪酔いをしてしまい逆効果でした。後半さらにスコアーを落としたのはそのせいでした。

コースはラテラル、クリークがあるもののフェアウェイをキープしていればそんなに大崩れすることはないでしょう。ティー位置からの圧迫感もなく曲げなければスコアーメイクできるはずです。

グリーンも難易度的に高くなくカップに素直に適当な力で打つことができれば1パットはできるでしょう。

レストランは和のイメージの内装でした、メニューはカレー、生姜焼き、中華、おつまみとなんでも揃っていて料理は美味しかったです。昼休憩が1時間を超えるとお酒を飲みすぎてしまうため、今後は注意します。

風呂場は水栓器具、内装を最近改修したのか分かりませんが、昭和の古臭さはなくとても綺麗でリラックスした気分にされてもらえます。

ここは都内から1時間半程度でこれ近いのでまた安い時を狙ってリベンジしたいと思います。

これから決算締めで毎日ストレスとプレッシャーの中で苦痛が伴いますが、前向きに乗り換えようと思います。

 

 

天気が悪い休日

今日は春分の日で祝日なのだが真冬を思わせるほどの寒さで、しかも一日中雨という引きこもりになりがちな日でした。

こういう日は小売の経験(コンビニ)からすると来店客がとにかく少なくなるから、廃棄ロスを出さないためにいかに最小限発注にするかを考えて、日販売上が最低レベルになることが多かったです。

しかしプラットホーム使った物販ビジネスでは全く逆のことが起こります。

いつもは全く売れないメルカリで出品している商品が立て続けに5品も売れてしまいました。なぜこんなに商品が売れたのか少し考えてみると、

外は雨で寒い→引きこもりになる→室内でやることがない→ストレスたまる→ストレス発散のために不必要な商品をメルカリで購入する→予想外の売上に戸惑う

となったのではないか、と思います。給料日前なのに外出できないストレスがたまると高かろうが欲しくなかろうが人間は金を使いたがるのですね。いい勉強になりました。

今後は天候も考えて出品時期のタイミングを計って不良品処分をしていきたいと思います。

佐原カントリークラブ

f:id:smartfitter:20180310215936p:image

 前日までの温かさが嘘のような寒の戻りの日に千葉県にある佐原カントリークラブでプレーしてきました。前回のブログ時に次回は茨城県のスパ&リゾート久慈に行くことを書いていましたが、今日はとても寒かったので直前になってキャンセルして近場の千葉県に妥協してしまいました。(本当は連日の業務残業のせいで長距離の運転に自信がなかったためです)

ここのゴルフ場はアコーディアゴルフ系列のゴルフ場で僕がいつも使っているPGM系列の競合他社のゴルフ場でした。前日までの雨でキャンセルされた組にうまく割り込むことができました。(2サム割増無、食事付き)

インスタートとなりましたが2サムで参加したからか時折待ちぼうけをするホールがいくつかありました。結局ハーフ3時間も掛かってしまい実力を発揮したのは上がり3ホルになってからでした。(実はここで今年初バーディをゲットすることができました)

f:id:smartfitter:20180310220025j:image

f:id:smartfitter:20180310222725j:image

f:id:smartfitter:20180310220123j:image

f:id:smartfitter:20180310220145j:image

 ランチはここの1押しのポークソテーを注文。ガーリックが適度に効いていてとてもおいしく召し上がることができました。しかし休憩時間が60分と長かったので調子に乗って瓶ビールを2本も頼んでしまいました。(後半トイレが近くて大変でした)

後半のアウトコースインコースよりも明らかに易しいコースです。

しかし最後の3ホールは初見では判断が難しいと思いました。

理由として7ホールの谷越えホールはティー位置からは先がどのようになっているのかわからないためドライバーをフルパワーで打つことをためらってしまいます。(グリーン近くにラテラルがあることそうなってしまった原因)

8ホールのパー3はOBになった場合このホールだけ前進4打の罰則になっていて(ほかのショートホールは前進3打)ミスしてはいけないというプレッシャーからか僕も、友達も前進4打にはまってしまいました。

最後の9ホールはインコーススタートの人からすると西陽が視界にモロに入ってくるため自分が打った球がどこに行ったのか見失ってしまいます。しかも見失わないようにライナー性の当たりを出すとラテラルを超すことができないため、前進3打の罰を喰らうという、取り扱いがめんどくさいホールだと思いました。

インスタートの方は後半ホールを回るときに前半の貯金がどれだけできたかによって、成績が変わってしまうため簡単な6ホール目までにできるだけ貯金をしておいてください。

クラブハウスはゴージャスな作りとなっていましたが、お風呂は全体的に古びた感じが否めませんでした。(特にシャンプー、リンス等が置いてある各洗い場への配管が露出となっているところはどう考えても手抜き工事だと思いました。) 

f:id:smartfitter:20180310220202j:image

 とこんな感じで感想を書きましたが、フェアーウェイはやや広く、グリーンがそんなに難しくないため初心者から中級者向けのゴルフ場と言えるでしょう。

次回は2週間後に茨城県にあるスプリングフィールズゴルフクラブに行ってきます。