趣味がある人とない人の違い

趣味がある人はない人に比べて会話の幅が広がる。会社内の話ですが相手の人が飲み会や仕事の話しかしなくどうしても会話が同じようになる。特に飲み会の時に仕事の話しかできない場合はその飲み会に行きたいとは思わない。たとえ部長や課長が仕事の話をし始めたとしても所詮労働者としてのビジネス話であり、それは自分の人生観を豊かにすることにはならないため話に何の価値を生まないため自分はその話をし続けようとは思いません。

全員サラリーマンだから仕方のないことかもしれませんが、ビジネスの話とか趣味の話をした方がその人の人間性がよく分かり会話の幅が広がるからです。特に自分よりも若い人は自分よりも仕事のキャリアはないのだから当然仕事の話をしたって会話がかみ合わないと思っています。それに飲み会という半強制的な時間を搾取されるのに趣味の一つや二つすらしゃべることができない人間に誰が魅力的と感じるのかと思います。

日本のサラリーマンは昔は仕事の話しかしない、生産性の話しかしないと言われていますがそれは昔の話であろうかと思います。今は多趣味の人の方が情報発信能力があり、今は役にたたないけど将来は役に立つと思うためいろいろなことにチャレンジしていくことが必要だと本当に感じています。

僕は今38歳でサラリーマンを途中でクビにならなければ後22年しかチャレンジする時間がないことになります。当然歳を取っていくと足が痛い、腰が痛い等気持ちはやりたいが体力的に厳しくなって機会損失をしてしまう。果たしてそんな人生で本当に満足できるのだろうかと考えるようになりました。そうではなく、せっかく働いてお金を稼いでいるのだから酒とかギャンブルとかの無味乾燥なものに使わないで自分が価値が高まっていくことにお金を使うことの方が価値があると思います。

昔は本を読むことに価値を置いていましたが、本については読んだだけで結局は行動を起こすことが分かったため本を読むことは最近ではしなくなりました。(雑誌とかは読みますが)それより体験をお金で買うことが今は大事で、その体験を強引にするために周りの人間を巻き込んでそういうコミュニティーを勝手に作っちゃっています。

このように自分が打ち込んではまったものについては共感できる人間を巻き込むことができるためこれからもどんどん発信して深く極めていきたいと思います。

ゴルフラウンドをし続ける方法

僕は家内との約束で月に2回まではゴルフに行っても良い許可をもらっています。しかしプレー代は1回分しか出してもらえなく、残り1回は自分の小遣いでやりくりしなくてはなりません。

本当にゴルフがうまくなりたければレッスンよりもいろいろなコースに出て経験を積むことが一番だと感じているので回数を月1回に減らすという選択肢は僕にはありませんでした。そこでできるだけ出費を減らして月2回の回数を維持するためにはどうしたらよいかを考えていました。(最近では仕事中もそのことを考えているくらい頭の中で思考しています)

 

まずは電車+クラブバスという交通手段が可能なゴルフ場を優先的に選びます。

僕は車を所有していませんので車を使うときはレンタカー(カーシェアー)になるのですが、車を使うと思いの外お金が掛かります。レンタカー代+週末の渋滞による延長料金代、それにガソリン代、高速代と金額は嵩み、トータル出費は必ず1万円を超えます。人を乗せるのであれば3名以上乗せることができなければ赤字になってしまいます。仮に自分含めて3名で行ったとしても1人当たり4,000円は掛かるためかなり高いです。また車を出すときは僕が運転を行うため渋滞による事故に遭うリスクもあり、同乗者よりも疲れます。

電車+クラブバスだと電車代(2,000円@片道)4,000円、バック郵送料2,000円で6,000円掛かりますが、移動中は睡眠を取ることができまた、車よりも早く現地に到着することができるため朝起きるのが比較的遅くて済む、と思っていたよりも悪くはありません。(アルコールもゴルフ場で飲むこともできますしね)

 

次に2サム割増にならないようにメンバーを集めるか、2サム割増無しの予約プランでゴルフ場予約をします。ほとんどのゴルフ場は2サム割増設定の料金をしていますが、PGMのシークレットメール(プレー1か月前になってもなかなか空きが埋まらなくゴルフ場がプレー費を叩き売りしているプラン)を活用しています。このプランは2サム割増無しはもちろんのこと、通常予約よりも格安で料金設定しているため利用者にとってとてもコスパが良いプランです。僕が地元でのゴルフで自分含めて2名しか集まらなかった時によくやる予約方法です。

また、社内でのゴルフ仲間とゴルフをするときで2名しか集まらなかった場合はお金を持っていそうな社員に積極的に声を掛けて、3名や4名にして2サムにはさせない努力をしています。お金を持っている社員というのは誘えば必ず参加することが分かるため、自分からどんどん声を掛けて金を使うように働きかけます。(逆に貧乏な人間は声を掛けて生活困窮者になってしまったらこっちの責任もあるため積極的には声を掛けません)

話は少し脱線しますが社内でどういった人間が金持ちで、またどういった人間が貧乏なのか簡単に分かる方法がありますのでここでシェアーしたいと思います。

1.実家暮らしか一人暮らしか

実家暮らしの人間は家にたいしたお金を入れていないため、金持ちであるケースが多いです。(逆に実家暮らしで生活に困っている人は金銭感覚がなく身の丈にあった生活ができていないことがあるため要注意)

2.会社経費の立替金(お客さんとの飲食代など)をクレジット払いではなく、キャッシュで精算していること

これは僕が社内で経理業務を行っているからわかることですが、金持ちは立替金を現金で必ず精算しています。この前とあるとある営業部の社員で社内ゴルフコンペの景品代を全て現金で精算していた人間がいて、この人間も僕にとってみればゴルフを誘いやすい人間になりました。ちなみにその人の立替金額は25万円ほどでした。ある意味すごい。

3.自宅から弁当を作って持ってきて昼飯で食べていること

都内で働いていると昼飯代で1,000円とか普通に掛かります。それを1か月生活しただけで20,000円で軽くゴルフプレー1回分の出費になるので、この小さなことを僕は社員を観察するときにチェックしています。(後は水筒を持ってきているかも確認します)

 

僕の小遣いは月に2万円ですがその2万円のうち5千円だけ使うようにして、残りの15,000円をゴルフプレー代に充てれば月2回のゴルフプレーは十分可能だと思います。

酒代で月2万円使うよりゴルフで月2万円使った方が健康的だし、それによって得られる経験(人生観)はでかいのではと感じます。

白鳳カントリークラブ

10月1日と言えば東京都民の日、ではありますが同時に私の会社の創立記念日でもあります。毎年その日に創立記念コンペなるものがあり今回そのコンペに参加していました。

場所は成田市にある白鳳カントリークラブ。

いつもは社外接待等で利用されることの多いそうですが、今回は社内コンペでプレー代がとても高いので普段ならば利用することのないゴルフ場ですが、社内交際費を投じていたみたいで格安でプレーすることができました。

このコースは距離はないもののバンカーが異様に多く、番手を間違えるとすぐにバンカーに入ってしまいます。またグリーンも午前中は早かったですが、午後になると重くなりパッティングはなかなか苦戦しました。アンジュレーションはそこまできつくはなかったです。

距離はさほど長くないためドライバーはフェアウェイキープが必須、思い切り打ち込むというよりはアイアンで手堅く刻んでいくという戦略のほうがスコアーはまとまるでしょう。またラフやOBゾーン近辺に打ち込んでしまうと丘を登らなくてはならず、体力を消耗してしまうのでますますスコアーが崩れていくと思います。飛ばし屋にとっては我慢のゴルフを強いられることになるでしょう。

レストランメニューはカレー、そば、生姜焼き、てんぷら等どこにでもあるようなメニューでした。無難なメニューしかなかったです。個人的にはパスタが食べたかったのですがメニューにはありませんでした。

お風呂はさほど広くはなくサウナー室もありませんでした。

不満はカートがリモコン式で動きが遅いため、ゴルフがうまい人はカートがなかなか来ないためイラっとするかもしれません。できればカート乗り入れ可にしたほうがいいでしょう。

結果はアウト59イン53トータル112とスコアーメイクすることができませんでした。パット数は39とたくさんたたいてしまったことに原因があると思っています。

次回はドライバーが思い切り振れる内原カントリークラブで再チャレンジしていきたいと思います。

社内コンペ幹事は疲れる

先週週末にとある社内コンペで幹事をやりました。

しかしその幹事は正直もう二度とやりたくないというのが本音でした。

下手したらゴルフという趣味がつまらなくなってしまう危険性がありました。

まず段取りがめちゃくちゃ長いこと。例えば日程決めるのも、ゴルフ場を抑えるのも、景品の買い出しも、おまけにプレー後のお酒等の手配もとても気を遣い、とてもじゃないけど自分ひとりで全部行うことはできないもの。

自分が望むゴルフは自分がプレーしたい日(ほかの人の都合を聞いていたらたくさんいろいろなゴルフコースを行くことはできないので)に、ゴルフ場もある程度納得がいく難易度のところ、河川敷でプレーはかなり物足りないと思っています。また、お酒が飲めない人間にとってはプレー後のパーティにボトルを注文したりすることは論外。居酒屋で勝手にやっててほしいと思うくらいだ。

また前に抑えたゴルフ場の会計システムがわかりづらく、電話で何度も確認した合計金額と実際に請求してきた金額が違ったことにえらく腹がたった。(客に間違えた金額を伝えるなよ)おかげでコンペに参加してもらった人たちに追加金を徴収する羽目になってしまった。だからプライベートでもコンペでそのゴルフ場を使った場合は今後は参加することはないだろう。

日本国内にはゴルフ場が掃いて捨てるほどあるので、いろいろなゴルフ場を試行錯誤で使っていきながら自分が納得するゴルフをローテーションで回していきながらコースを極めていきたいと思っている。

 

ちなみに僕が今までのゴルフ場を利用してみて、サービスが良い、コスパが良い、難易度もそこそこあり納得できるゴルフ場を以下に挙げておきますので興味のある人は利用してみてください。

・玉造GC 捻木コース

食事が美味い、値段が安い、高速グリーンでそこそこ距離もあるのでドライバーを思い切り打ち込める。老朽化したクラブハウスに目をつぶれば納得できるしある程度自分の実力も測れる優良ゴルフ場

・麻生CC

高速グリーンに悩み、フェアウェイでもアンジュレーションが聞いていて番手選びに苦労し、戦略的なゴルフ場です。もちろん食事も美味い、最近値段が高くなったため経済的に余裕があるときに利用

・ビートダイGC ロイヤルコース

コース設計が面白い。PAR3のアイランドグリーンのスリルはたまらない。値段が超絶安いが都内から遠く、行き、帰りと渋滞にはまってしまうのが厳しい

 

茨城県を中心に北関東には優良ゴルフ場がいっぱい。

 

 

関東近辺でのゴルフ場について

ここ2年間月1ペースで関東近辺のゴルフ場に行ってみました。

その中でどのゴルフ場がいいのか、または悪いのかの判断がつくようになってきたため共有していこうと思います。

茨城県

・県南

都内のアクセスは良好。高速道路は混まない。但しゴルフ場によっては都内から近いということもあり混んでいるケースが多い。(ハーフコースを2時間30分で回ればいいほう)時期を選んでオフシーズンに行けばいいでしょう。グリーン、フェアーウェーの状態は良好でプレーしやすいゴルフ場が多い。金額は都内の人がたくさん来ることもあってやや高めな印象。

・県央&県北

都内から遠いイメージがあるが常磐道は混まないため三郷から1時間で行けるところがほとんど。(ただし霞ヶ浦の北側は高速を降りてから30分程度走る)都内から遠くて時間がかかるイメージがあるのかゴルフ場を利用しているのは地元の人間ばかりなのでハイシーズンでもそんなに混んでいない。コースに出て詰まっていることはほとんどなくだいたい2時間15分の標準時間で回ることができる。グリーン、フェアーウェーの状態はとても良く伸び伸びとプレーすることができる。レストランも手を抜いていない。金額はハイシーズンでも15,000円以内でプレーできるところがほとんどで金欠者にとっても良心的だ。

(千葉県)

・房総

高速道路に乗ってからすぐに渋滞につかまってしまう。ゴルフ場までの距離はないが所要時間は+1時間は見積もっていたほうがよいだろう。ゴルフ場はどこも激混みでサラリーマンゴルファーが多いせいか、レストランでは朝からお酒を飲みながら宴会している連中に出くわすことになる。(飲みに来ているのかプレーしに来ているのか分からない)グリーンはデボットを直さない人が多いためボコボコになっているゴルフ場も散見される、またラフについても深く、一度入れてしまうとボールをロストしてしまう。

料金は15,000~20,000円程度でお酒やつまみを注文してしまうと20,000円以内に金額を抑えることは難しいだろう。社内コンペ、現場コンペでよく使用される。プライベートでは正直オススメしない。

・成田&佐原方面

東関東道は渋滞はないが高速料金は高めなので、高速を使用するだけで往復4,000円掛かってしまう。クラブバスが出ているのであれば電車で行くことをオススメする。

フェアーウェーは狭いコースが多く、思い切りドライバーを打つことができない。またヤード数も距離が短くアスリート向けではない。グリーンの手入れは普通だが高速グリーンではないため戦略性に欠ける。料金は都内から近いこともあってハイシーズンだと確実に20,000円を超えてしまう。オフシーズンでも10,000円台後半の値段設定でヒラサラリーマンはホームコースにすることは無理。

(栃木県)

関東近辺でどの時期も一番値段が安い。但しゴルフ場近くに農場があるケースがあり、冬場から春先に掛けては糞尿の匂いがきつくゴルフに集中できない。また秋には日光の紅葉で行楽客が多く東北道は毎週のように渋滞しているので鉄道、クラブバスで行ったほうが無難かと思う。レストラン、コースの状態は値段の割にとてもハイクオリディーだ。

(神奈川県)

関東のゴルフ場で一番高い。ゴルフ場の値段がバブル期とあまり変わっていない。またゴルフ場は人を入れ込みすぎて待ち時間がとても長い。(ハーフで3時間以上は覚悟する必要がある)高速も慢性的に混んでいるためいいところはない。今まで一回も行ったことはないがプレー評価欄を見ているとマイナス的なことしか書かれていないため、今後も恐らく行くことはないでしょう。

 

プライベートで行くのだから納得できる上でゴルフ場は選びたいですね。

東我孫子カントリークラブ

社内コンペで東我孫子カントリークラブに行ってきました。

ここは先輩社員がゴルフ会員になっているため割引券が使えるというので利用しましたが、コストパフォーマンス的にはあまり良くないと思います。

東、中、西コースがあって当日は中→西コースを回りましたが西コースのラフが伸び放題でボールがなくなるところではないのに、ラフでボールが見えないために結構無くしました。

コース自体は河川敷ということもあって池はないですが、グリーンが砲台でバンカーは手強かったです。それでもOBが少ないことフェアーウェーが広いことからスコアーメイクしやすいコースです。グリーンはコーライですクセはなく3パットは1回のみでした。(余談ですが組になった4人でオリンピックをしましたが、私の一人勝ちでした、今までのコースに比べたら大したことなかったので余裕っす)

レストランの食事はさっぱりしたものがなく、鴨ネギソバしかありませんでした。後は揚げ物、キーマカレーくらいしかありません。これは不満ですね。

後は会計システムが不親切です、パーティープランを電話予約時にお願いしたのですが、各人会計の時にそのパーティー費用が含まれておらず、参加した人間全員が追加徴収されるということが起きてしまいました。やはりパーティーをやることは予約時にゴルフ場は把握しているのだから個人会計時にきちんと入れるべきでしょう。改善を求めたいと思います。

金額は9月としては高めの15,000円くらいします。難易度が低いのでゴルフの達成感は少なくプライベートでは利用しないでしょう。

次回は白鳳カントリークラブでプレーしてきます。

 

充実した仕事をするために

仕事をしてきて他の仕事がしたいと考えたことはないですか。

僕の場合はとても飽きやすい性格なのでひとつの仕事をし続けることが難しいと思っています。営業→営業企画→経理と社内転職をしています。一つの仕事をし続けるだけの根気、やる気がないのです。

よく会社の仕事を変えるために転職をする人が多くいますが、転職はよほどのことがない限り辞めたほうがいいと思います。人間関係を構築することがとても難しいし転職して新たな会社に入ると周りの社員からできる人間が入ってきたと過剰な期待をされてしまうため余計なプレッシャーになりダメになってしまう人が多いと思います。

そこで同じ仕事をしたくない人にオススメなのが「異動願」です。異動願ならば同じ会社内で別部署に行くだけでとくに転職活動する必要もないし、業務に必要な新たな知識が得られるので仕事に前向きになれると思います。特に人間関係が粗悪な環境でなければ会社に行くのに精神的だるさはないため、会社を辞める理由にはならないと思います。

僕も会社の業務内容がとてもつまらないので、異動願を出して違う仕事をする準備をしています。希望通りに行くかいかないかは人事部の考えなので何とも言えませんが、行動しないよりかはした方が違う結果が出てくるので、もしどうしようか迷っているならば行動に移したほうがいいですね。