付加価値をつける

今の会社に中途入社して去年で10年働きました。

思えば営業職で入社しましたが主に提案営業をしていきました。提案するためには基礎知識を取得するために仕事以外の時間でたくさんの努力を行い、顧客に分かりやすい言葉で伝えることができるまでに知識を付けてきました。その後転勤で札幌支店に異動になり、また本社に戻り営業職→営業企画職→総務・経理職とまんべんなくいろいろな仕事をさせてもらう機会を得ていました。

しかし経理職は近い将来消えていく職業としてワークシフトのリンダ・グラッドン氏が書いているためこのまま会社の流れ通り与えられた仕事をただこなしているだけでは付加価値を生み出すことができずにクビになってしまうだろうと思っています。

その時に思うことは間接部門に所属していながら現場についてもある程度精通している人間はこの会社ではいないため、その部分で自分がパイオニア的存在になろうと思いました。現在の仕事の精度を下げずに今までのキャリアを生かしながら現場についても話し合いができる人間はいないことから、僕がその部分を担い現場目線で仕事の流れを作るように考えるようになりました。例えば現場の人間が書類作成でミスが多いのならばしっかり教育した派遣現場事務を投入し、その問題を解決するとか、長期工事の場合における出来高請求の打ち合わせを自分自身が現場に赴き、見積項目毎における進捗率を確認した上で出来高請求書を作成すること等

その時のミソとしては出来高請求については会議で報告するための資料を作成するために出来高請求確認をするのではなく、自分が現場に行き自分の時間を割いてまで出来高請求をしたいという行動力が現場所長を説得する方法になるのだと行動することによって分かってきました。電話だけでチャチャッと出来高確認をするだけだと現場所長は動いてくれない、きちんと現場をフォローすることによって現場所長にも出来高請求を意識するようになるのだと感じました。

間接部門は現場の人間とは一線を引きたいらしく、なかなか現場に行き同じ土俵で話をすることをしない。しかし自分は現場に行きどこに苦労があるのか、どこに問題があるのか、どこに興味があるのかに興味関心があります。このマインドはなかなか間接部門にはない差別化された人間だと思っているし付加価値を出すと思っています。仕事は変化させないと面白くないし創造性がないかと思います。一人が目的を持って行動し一定の成果を得ることができればそれが新しい部署となり、仕事が生まれるはずだと思っています。同じレールに乗ってロボットのように働くことに自分は魅力を感じない。

ゴルフは道具である程度良くなる

去年を振り返ってみてつくづくゴルフにはまった一年だったと思った。

それによりゴルフ道具に初めて投資をしてみたりもしました。

その中で今でも馴染めないクラブができてしまいました。それはパターで、今までパターというと球を転がして一打目でピン近くに寄せてOKをもらう、程度の事しか考えていませんでした。それがクラブを全部替えた関係で今まで慣れ親しんでいたパターまでも替えることになってしまいました。

そこでパター購入時に店員さんに相談して選んだパターがオデッセイのマレット型パターでした。(写真参照) 

f:id:smartfitter:20180103225540j:image

 しかし、このパターは残念ながら自分には全くと言っていいほどフィットしませんでした。

まずストローク加減が分からず全然コツを掴めることができない。今までだったら一打目でピンに寄せてOKをもらう、もしくは二打目でピンに入れることが可能でしたが、一打目でピンとは違う方向に球が出てしまい、ピンに寄せることができなくなってしまいました。(後でわかったのですがスタンスに問題があったのだとわかりました)

また打つ力についてもシャフトが中心にないのでどのように振り切ればどのくらい転がる力で打てるのかもイメージできなくなってしまいました。最近のラウンドではグリーン上を行ったり来たりして4打とかもありました。

直近5ラウンドのパッティング成績は41-41-48-44-45と40パットを切れなくなってしまったため、このパターは見切りをつけることにしました。

 

次のパター選びを失敗することはできないため、事前にネットでパターの種類、形状、シャフト等をよく調べてから購入することにしました。

自分の中で譲れない形としては①オデッセイ製(打つ面のザラザラ感がボールによく力が伝わるので良い)②センターシャフト物(ボールを打つ感じのイメージがし易い)③ネオマレット型もしくはマレット型(ヘッドの重みを使い遠心力も利用できるため)

で選んでみることにしました。

しかし中古屋(ゴルフパートナー)で①はともかく、②の物がほとんど置いていないので結構時間を要しました。センターシャフト型は貴重ですが合う人にはこっちの方が使いやすいのでしょうか。売る人が少ないのでネットを含んだ中古で手に入れることが難しいように感じました。

結局中古ショップ3店舗程まわってようやく新しいパターを手に入れました(写真参照)

f:id:smartfitter:20180103225546j:image

 ネオマレット型ではこれしかなかったため、このパターを購入。購入前の試打ではこのパターだけ自分のイメージ通りに寄せることができたため、多少値段はしたけど迷いなく購入。

スコアメイクするためにはパターはとても重要だとわかっていてしかもオリンピックなるゲームも入ってくるため、今後ゴルフをやってみたいという人は本当に納得するパターの購入をオススメします。自分も今月に初ゴルフでこのパターの真価が問われるので気合い入れて頑張ってきます。

 

副業農業

明けましておめでとうございます。本年もブログを通じて自分の考えている事、趣味、将来の展望などを考えていく機会としていきます。

新年は実家で実親、妹夫婦と話をする機会がありその中で農業についての話がありました。妹の旦那の実家が農家を行っていて以前挨拶に行ったときに農業を行われていることを話されていていろいろなものを作っていることが分かった。

実家は茨城県県北地域で冬場は寒さが厳しく、今の時期は干し芋ですが春から夏に掛けてはピーマン、トマト、スイカ、落花生、キャベツ、はちみつ等いろいろなものを手掛けていてこの栽培ノウハウを体得すれば結構面白いのではないのかと思っています。

現在ネットで干し芋を販売しているのかを調べたところ、以下のような感じでした。

 

f:id:smartfitter:20180103063813p:image

なかなか悪くない反応で、たくさん作ればそれなりに収益性が見込めるのではないかと思いました。

農業を本業にしている人はこの世の中ではまずいません。ですが趣味から始めて副業レベルで始めている人は少なからずいるので、興味関心から自分ができることを探していくやり方でいけば面白いのではないでしょうか。副業農業は難しいかもしれませんが自分はどちらかというと人を雇えるだけの収益性を出せればビジネスとして面白いと感じました。春先に実家に挨拶したときにもう少し聞いてみようかな。

積立ニーサを大いに活用しよう

今年一年お疲れさまでした。

振り返ってみて今年はある程度自分のしたいことができた年だったと感じています。

ゴルフは年間ラウンド20回以上の目標を達成できたし、イデコ口座を開設して税金対策もできたし、ケータイも無事マイネオの格安simに乗り換えることができた。

さて、最近は国が主導で増税するための布石なのかはわかりませんが、いろいろな制度が新しくできています。(ニーサ、こどもニーサ、イデコ)来年からまた新しく積立ニーサの制度が始まります。

現ニーサとの違いなどについてはここではあえて書きません、ここでは長期運用することによって仕事で稼ぐお金よりも投資運用で稼ぐお金の方が大きいのではと思ってしまうほどオススメしたいと思います。

積立ニーサの中でインデックスファンドをいろいろなところで紹介されていますが、その中で僕なりに特におすすめしたいのが「楽天バンガードファンド」だと思います。

信託報酬が最安、マザーファンドの資産額が莫大、米国ETFファンドを見ても全期間運用実績が年率6~7%と安定している、など不安要素がありません。

投資信託商品ラインナップを見てみると全米投資と全世界投資の2商品が積立ニーサでは対応されていると思いますが、僕的には全米投資1択で決まりだと思います。

理由は信託報酬が安いことと、トランプ政権下で米国は法人税減税法案が通ったことでさらに株価上昇の期待が持てること(ただし北朝鮮問題が勃発して戦争が起きないことが前提だが)、米国の人口ピラミッドがまだ成長を感じさせるものであることなどが考えられたからです。

S&P500インデックス、ダウ工業インデックスでもよいのではないかと思いますが、今後一部の上場企業だけでなく、米国全部の企業の業績が良くなると考えられるのであえて全米の企業を網羅したファンドに投資することにしました。

仮に積立ニーサ枠年間400,000円フルに投資したとして、年率悪く見積もって5%運用、目標運用7%運用、理想運用9%でそれぞれ計算してみました。

400,000×2.653=1,061,200(5%を20年運用)

400,000×3.869=1,547,600(7%を20年運用)

400,000×5.604=2,241,600(9%を20年運用)

つまり、38歳で積立ニーサを初めて40万積み立てると58歳の満期には100万~220万程度になって返ってくるということになります。しかも58歳まで積立続けることができるため、この数字はさらに大きくなってくるでしょう。

となると、社内で出世したり転職してもっと高収入を得る行為がとても陳腐なものに思えてきます。(高収入を得るほど所得税が高くなり、手取りは対して変わらなくなってしまうため)

現在積立ニーサを活用している人は少ないと思われますが、金融庁が力を入れている制度であることから今後マスコミ等広告は広まっていくと考えられるので、早いうちからこの制度を活用してファンドに積み立てていく方がよいでしょう。

今はまだファンドができたばかりなので単価がまだそんなに高くなっていないため手を付けやすいと思います。

 

CPGカントリークラブ

f:id:smartfitter:20171216203249j:image

f:id:smartfitter:20171216203254j:image

 今日は冬晴れの中千葉県市原市にあるCPGカントリークラブに行ってきました。

ここは市原ICから下道で15分とアクセスがとてもよく、1年中人気のコースです。

今日も朝8:30過ぎの2組を取りましたがスタート時点ですでに30分待ちの状態で寒い朝待ちました。そして1打目は大きく右にそれてOBを献上してしまいました。

でも、前回のゴールデンレイクスカントリークラブのコースレイアウトに比べればかなり甘めでフェアーウェイも広くとられているため、思い切りボールを飛ばすことができました。ボールを無くしたのは最初の1ホール目だけでそのあとはまっすぐにボールを飛ばし続けましたが、結果は110を切ることができませんでした。

原因としてあげられることはパッティングの精度が著しく悪く、前半21パット、後半24パットトータルで45パットもしてしまいました。

ここまで重症だとパターの選別が良くないのではないかと思ってしまいます。打った感じのボールの転がり方が全然イメージと違うため、まだ2ラウンドしか使っていませんが早くも自分に合うパターに変えたくなりました。このままだとスコアーメイクできません。せっかくドライバー、アイアンが新しくなって使いこなせてきたのに、パターの調子が悪いと真の実力が手に入ったとは言えないため、またしばらくはパターの試打をしにゴルフパートナーに足を運ぶこととなりそうです。

最後にCPGカントリークラブの感想はというと、建物設備は古いもののお昼のお食事はとてもうまく、オーダーをしてからすぐに出てきました。カートは電動リモコン式でストレスなく動きます。コースはトリッキーなホールはなく、素直にボールを打つことができればそれなりにスコアーはまとめることができるはずです。これはグリーンも然りです。万人受けするゴルフ場であるが故にハーフで3時間15分もかかってしまいましたがそれもやむなしってところでしょうか。

今年のラウンドは今日が打ち納めで次回は1月に鹿野山ゴルフ倶楽部の名門コースにチャレンジしてこようと思っています。またこちらのコースが回り終えましたら随時ブログを更新していきます。

ゴールデンレイクスカントリークラブ

f:id:smartfitter:20171125220243j:image

11月 25日栃木県にあるゴールデンレイクスカントリークラブに行ってきました。

この日は今季一番の秋晴れで空気が澄んでいるおかげか遠くまでよく見えました。まさにゴルフ日和です。コースはブルーコース→オレンジコースと回りましたが、さすがピートダイ設計監修だけのコースですね。ラフ、バンカー、グリーンどれを取っても難しかったです。ドライバーは少しでも曲がるとセカンドショットがとても苦しくなるし、ドライバーをしっかり打ち込んでもフェアーウェイがうねっていて、セカンドショットでウッドを使いづらかったりでスコアメイクすることが難しいです。

特にいやらしいと感じたのは両サイドにグラスバンカー、池を配置していて曲げたらパーセーブできなくなるどころかトリプルボギーすらも危うくなるホールが結構あり、この設計は斬新でありながら精神的に堪えたコースでした。

またこの日はハイシーズンということもあり、ハーフ3時間以上掛かりました。ゴルフはテンポよく次のホールに行き、2時間15分で回り切りたいのですが、ショートホールではかなり待たされました。カートはフエアーウェイ乗り入れ可となっていましたが、フェアーウェイはそのせいかわからないですが傷んでいました。またグリーンのデボットを直さない客が多いのでグリーンもボコボコになってました。フォークは常時持っていくようにしましょう。

ちなみに山間いのこのゴルフ場は紅葉が見頃でいい色に染まっていました。 

f:id:smartfitter:20171125220332j:image

 またクラブハウスの中も豪華な作りになっていて女性が喜びそうなオブジェがたくさんありました。 

f:id:smartfitter:20171125220345j:plain

新しいクラブはドライバーは本当に曲がらなかったので、気分良く打つことができましたが、得意だったアイアンの精度が今一つで納得のいくショットがほとんどありませんでした。最後にロブショットの打ち方で力の入れ加減が全くつかめず軽く振り切ることが全然できなかったため、今年最後のコンペが12月にあるのですがそれまでに特訓をしてリカバリーしようと思います。 

 

 

 

 

ゴルフセット全部変えました

f:id:smartfitter:20171113131332j:image

 一昨日まで使用していた10年物のゴルフセット一式を売り払い、新しくゴルフセットを全て買い換えました。今日は新しく購入した道具のボールの飛び方の確認です。

 

ゴルフパートナーで有り金だけを伝えてその場で一式購入するという半ばギャンブルみたいな購入の仕方をしてしまいましたが、さすがはゴルフショップの店員さんです。僕が今まで使っていたクラブとゴルフをしてどれくらいやっているのかだけを伝えただけでオススメしてきた一式が上の写真のようなものでした。

 

メーカーはナイキで揃えられていてしかもヘッド角の調整もできます。ドライバーだと8.5‐12.5まで変えられると書かれていましたが、僕は10年間ずっと10.5でやってきたのでこれからも10.5でやっていきます。今回初めての試みはシャフトの変更か可能なものにしました。10年前に購入した時はシャフトだけを交換することはほとんどなかったみたいですが、現在では自分の好みに合わせて自由にカスタマイズすることができます。

で、シャフトはグラファイトデザインのツアーADのMT-6Sのものを購入しました。

これは手元と先端がしなり、中間がしならないダブルキック系のシャフトということで特にスライスの悩みを持っている人間は使った方がいい、ということが書かれていました。

僕は少しでも力を入れて振るとボールをとらえた当たりを出しても、出だしだけまっすぐで距離を出す分だけ右に消えて行ってしまう典型的なスライサーです。だからボールを無くしたくない思いから5割程度の力でインパクトをして腰の力で振り切るだけの、不完全燃焼なスイングをしてOB逃れをすることしかしてきませんでした。

今日このドライバーを使ってみて今までの不安は何だったんだ、と思うくらいストレスのないボールをだすことができました。

ボールをとらえてからの初速スピードが格段にアップしたように感じました。またボールを落としたい方向に数メートルの違いしか出さずに運ぶことができます。

でも一番すばらしいと感じたのは8割の力で体ごとボールを打っても球が切れずにまっすぐ角度を出してボールが飛んで行ってくれることが感動しました。当たり前の話ですがゴルフは自分が納得できるボールを打てた時にどんどん面白みを感じハマっていくスポーツです。強打したにも関わらずボールをロストしたりすると嫌になってゴルフをしなくなります。このシャフトはゴルフをもっと好きにさせてくれるものでした。

 

ウッドにもこのシャフトが搭載されていて同じく打ってみましたが、しなりが利いて打った球に力強さがあるのがわかりました。もともとウッドは苦手意識がありコースではあまり使わなかったのですが、今後はもっと使っていこうと思います。

後はアプローチでロブショットをできるようになるまで何度も練習し、できなければユーチューブで繰り返し真似して何とかスピンの利いたボールを打つことはできるようになりました。でもロブショットは今までのショットとは全然違うため、ゴルフ場での練習場でそれなりに体にしみこむまで練習するしかなさそうです。

というわけでドライバーでのスライスに悩んでいるアマチュアゴルファーは最新のドライバーを購入するより、まずシャフトを交換することをオススメします。どのメーカーもそんな大差はないと思います。