セントラルゴルフクラブ 麻生コース(旧麻生cc)

  f:id:smartfitter:20180901203247p:image

 防災の日の9月1日に茨城県にあるセントラルゴルフクラブ 麻生コースに行ってきました。ここはアコーディア系列でしたが以前プレーしていた時はグループに属していなく独立したゴルフ場でした。アコーディアになって変わった点が何点かあったので書きたいと思います。

・リモコンカート→自走式カートへ変更になった

リモコンカートはとても有難かったのですがそれがなくなってしまったのでプレイヤーとしては残念。特にアップダウンが随所にあるため安全運転できなければ危険かと思います。ただしフェアーウェイ乗り入れができるようになりましたが、本日は乗り入れ不可でしたので余計に疲れた。

・レストランのメニュー種類が減った

アコーディアの悪いところですが、レストランメニューが少なくなりほとんどのメニューで追加料金を取られてしまうのはどうかと。追加料金無しメニューはカツサンドとカレーライスとパスタのみ、事もあろうことかざるそばメニューにまで追加料金ってふざけんな。

・吹き流し位置が250ヤードから230ヤードに変更

以前だとティーショットでそれなりに飛ばさないと吹き流しまで到達できなかったが、その位置が若干短くなったためアマチュア向けのゴルフコースとなってしまった。

・10フィート以上の高速グリーンが以前よりも転がらなくなった

ここのゴルフ場のウリでもあった高速グリーンがなくなって、以前よりも転がりが悪くなってしまっていた。だが他のゴルフ場よりも転がるのでなかなか1パットで鎮めることができなかった。

後は更衣室、脱衣室、レストラン、トイレに若干の改修が施され以前はクラブハウスが古びた印象でしたがそれが改善され、女性客を意識した作りに変わっていました。

コースレイアウトは随所に効いているバンカーにはまりアウトコースでビックイニングを2回も演出するという無様なゴルフラウンドをしてしまいました。バンカーを避けるマネジメントをすれば10打程度スコアーは改善されたと思います。ゴルフボールをロストしたのは珍しく2球だけでした。

 今後のゴルフ予定は家内からゴルフは月1回にしなさい、と注意を受けてしまったため、10月に行われる社内の創業記念コンペ(場所は多分姉ケ崎かな)までプレーできませんが練習は行ってスコアー改善につなげていきたいと思います。

クリアビューゴルフクラブ&ホテル

f:id:smartfitter:20180811201436p:image

 8月11日まだ夜明け前の時刻に千葉県柏市にありますクリアビューゴルフクラブに行ってきました。早朝ゴルフで5時スタートだったのですが、完全に寝坊してしまい家を出たのが4時、足立区の友達の家に行ったのが4時20分と普通ならばとてもじゃないけど間に合いそうもなさそうな時間になってしまいましたが、道路が空いていたためギリギリ5時スタートに間に合うことができました。

気温がそんなに高くなかったのですが前々日に台風が関東地方にきたせいか、蚊が大量に発生していて虫よけスプレーがなければ全身刺させるくらい蚊がたかってきていました。

ここは練習ラウンドにもってこいのコースでしたが、ティーショットでフェアウェイキープできないとラフが重く、スコアーメイクできなかったです。グリーンはコーライでしたが湿気があるせいか転がりが悪く、力んでパターを打つとダフって1パット無駄にしてしまうこともありました。

最後は日中の日差しと暑さにやられてしまい11打叩くというとんでもないスコアーを作ってしまいましたがそれでもトータルで111打とまずまずといったところでした。

自分的にはもったいないコースもありましたので来週もこのコースをラウンドしますがその時は100切りできるよう決めるところはしっかりと決めて、まわりの人間と勝負しカモりたいと思います。あくまでも今回は練習ラウンドということでリベンジを果たしたいと思います。

 

筑波国際カントリークラブ

f:id:smartfitter:20180811195651p:image

 猛暑が全国を襲う中で8月4日に筑波国際カントリークラブに行ってきました。

ここ定例社内コンペゴルフコースとなっていますが、アップダウンが激しく距離感がつかめない上、フェアーウェイがとても狭いためゴルフボールがとてもなくなります。(つまりそれだけ苦手としているコースです)

今回はインスタートから始めたのですが最初のティーショットからOBをかましてしまいました。その後もドライバーショットは荒れに荒れ、ゴルフボールは10個以上は紛失してしまいました。

しかし終わってみればトータル114と平均的なスコアーにまとまりました。理由としてはティーショットは不安定でしたが、グリーンにおいてはそこまで難しいという訳ではないため、36パットとごく平均的な数値で抑えることができました。

ドライバーが悪いとどんなに頑張ってもダブルボギーペースになってしまうため、ゴルフボールをなくさない、ということを目標に今後はラウンドしていったほうがよいかもしれないと思いました。(当たり前の話ですが)帰りは盆前の時期だけあってそこまで高速の渋滞はなく、スムーズに家路につくことができました。日中の筑波は暑くてとてもしんどいラウンドでした。

 

あさひヶ丘カントリークラブ

f:id:smartfitter:20180721163449p:image

いつもティーショットを打つ時に写真を撮っていましたが、今回取り忘れた関係でHPから画像を引用しています。すみません。。

本日酷暑な日が続いている中で栃木県にあるあさひヶ丘カントリークラブで早朝ゴルフを行ってきました。

前日とある現場での暑気払いに参加して終電間際で帰宅し、そのまま一睡もせず早朝ゴルフに行くという無謀とも思える強行スケジュールで行いました。

ここのゴルフ場はアップダウンの起伏の多いコースレイアウトとなっており、ある程度体力のある状態で臨まないと体力があっという間になくなってしまいます。

またバンカーがいい箇所に配置されており番手選びを間違えるとバンカーにつかまってしまい、このバンカーのアゴが深いためアウトさせるために結構手強かったです。

私は体力がない中でラウントしたため、いつもより球が飛ばずグリーンまで届かずバンカーに打ちこむケースが今回のラウンドについては多かったと思いました。気持ち大きめの番手を使って強気に打ち込めばスコアーはもっとまとまったように感じます。

グリーンは起伏はそんなに激しくなく、素直な一直線なライでしたのでできれば30台前半にパットをまとめたかったです。(今回もカップに落とすことができず、2,3パットのホールが多かったです)

富士コースは距離長めのフェアウェイが狭く少しでも曲げるとグッバイホールとなってしまっていましたが、筑波コースはフェアウェイがとても広く伸び伸びとティーショットを打つことができました。

最後にレストラン、お風呂は高級感漂う上質な雰囲気ある作りでした。またアーリーバードでシャワーだけかと思っていましたが、湯舟にもお湯があり早朝にも関わらずお風呂につかることができました。

次回は夏のコンペ、筑波国際カントリーでプレーしてきます。

ゴールデンレイクスカントリークラブ(夏編)

f:id:smartfitter:20180715204606p:image

 今年の夏は梅雨明け早かったこともあり、猛暑が連日続いているなか栃木県真岡市にある「ゴールデンレイクスカントリークラブ」へ行ってきました。

ここのゴルフ場は去年の秋に一度プレーをしたことがあり、本日はその再戦となりました。(今回はグリーン→ブルーコースとなり前回とは違うコースを回りましたが)

ここのコースはピートダイが設計監修をしていることもあり、フェアーウェイを外した時の代償がとても厳しいです。グラスバンカー、サンドバンカーは1回で出すことが困難なくらい深かったです。

またグリーンがうねっていてパッティングが大変だと思っていたのですが、本日についてはそれほどではありませんでした。

グリーンコースは全体的に距離があり、パー4で400ヤード超えホールが存在していたため、2オンではなく3球目攻撃という選択も必要だと感じました。これは1パットで鎮めることができるポジションが必要条件となりますが。

あとレイクスと謳っているから池が多数整備されているかと思いますが、オレンジコースは池は多かったですが、グリーンとブルーについては特に嫌な箇所に池が配置されている、とかはなかったです。番手選びと飛距離のマネジメントがしっかりとできていれば池のハザードは回避できます。

今回はドライバー、アイアンが好調だったこともあり前回よりも10打以上スコアーを縮めることができました。最後は猛暑による体調不良によりスコアーを崩したものの、熱中症にかかることなくゴルフをやり切ることができました。

レストランの食事はステーキ、冷やし中華、手打ちそば、生姜焼き定食などそれなりもメニューがありみなおいしそうに食べていました。

浴室は脱衣室、シャワー、水栓、浴槽、サウナと一通り揃っていましたがそろそろ改修工事を入れたほうがいいかも知れません。というのも最近のアマチュアゴルファーは水回りを気にする人が増えているためクラブハウスのそういった配慮も意外に重要だと思います。実際私も汚い浴槽よりもきれいな浴槽に時間をかけてつかりたい人間だからです。すみません、少し愚痴りました。

次回はアーリーバードで栃木県にある、あさひヶ丘カントリークラブに行ってきます。

玉造ゴルフ倶楽部 捻木コース

f:id:smartfitter:20180630230446p:image

 6月30日まだ梅雨の真っただ中と思いきや、昨日で梅雨が明けてしまった中で、茨城県にある玉造ゴルフ倶楽部 捻木コースへ行ってきました。

ここのコースは全体的にフラットながら随所に配置された池、バンカー、それに30ヤード超えの巨大な1グリーンが特徴で決してやさしくない、中級~上級者向けのゴルファーにオススメのコースです。

またショートホールも160-190ヤードで距離があるため、風の影響などを受けてしまうと池の餌食になってしまいます。(強い球を打てなければ1オンは難しい)

スコアメイクするためにはショートホールはパーセーブかボギーで上がり、さらにミドルホールで2ホール程度距離のないラッキーホールをパーセーブすることでしょう。

ロングホールは距離があり、3オンすらも厳しいため大たたきしないことを優先に考えていましたが、途中でバンカーに入れてしまい余計な打数を叩いてしまいました。

いろいろと書きましたが、フェアウェイの状態は良好で、グリーンも9フィートと書いてありましたが、実際は9.5くらいあるんじゃないかってくらい転がる転がる…コースメンテナンスは最高によく、PGM系列ということもありレストランの食事もとてもうまい、友達もここはホームグラウンドにしたいくらい、と言っていました。(外環道が千葉県まで伸びて茨城県のゴルフ場がとても近くなったことも好感でした、市川南から千代田石岡まで高速で45分もあればついてしまう。とても近くなりました)スコアーがパッとしなかったので次回まだリベンジしたいコースです。できれば早朝スルーで。(昼間は暑すぎだ)

PGMは茨城県にたくさんあるので、今夏は茨城県のPGMを制覇するつもりでゴルフを楽しんでいきたいです

 

f:id:smartfitter:20180630230501j:image

余談ですが、ゴルフのマナーでハーフズボンをはいてプレーするときに、ハイソックスをはかなくても大丈夫になったんですね。さらにこの時期はジャケットも着なくてよくなったでゴルフがしやすくなった感じがしますね。(クソ暑いのにジャケットは着たくはないですから) 

f:id:smartfitter:20180630230508j:image

 PGM系列は茨城県にたくさんあるので今後もお世話になると思います。特にグランドPGMは高い金を取るだけあってどんなゴルフ場なのかとても興味深いです。

次回は鬼才と呼ばれたピートダイ設計デザインの栃木県のゴールデンレイクスカントリークラブで腕試しのラウンドをしてきます。(ここもグリーンがとてもエグい)

 

習志野カントリークラブ空港コース

f:id:smartfitter:20180617214926p:image

 梅雨本番の日に千葉県にある習志野カントリークラブ空港コースへ行ってきました。

ここは従業員はいるものの完全セルフな感じで、好きにして状態だったのでなれていない人にとっては面倒くさいと思います。

コースはミドルは高低差がありピンが見えなく、ロングホールはS字でドライバーで飛ばしすぎるとOBに消えるコースが多く、番手選びのマネジメントを要求されているコースでした。唯一ショートホールがピンまでの距離はさほど長くなく、パーが取れるチャンスでしたがこの日は梅雨シーズンということもあり、パッティングにも大苦戦をしました。1オン3パットが多く結局パーが一つも取れませんでした。

昼飯のレストランは品数が少なく、しかも選んだ焼き鳥丼がこってりしすぎていて正直おいしくなかったです。吉野家で同類の丼ぶりがでてきそうなレベルでした。

またホールアウトした後の風呂場がユニットのシャワーのみの設備は正直ここはゴルフ場なのかと思いたくなるほどでした。梅雨シーズンの寒い中のプレーでせめて湯舟につかりたいと思っていたのですが、ユニットのシャワーだけだとサッとシャワーを浴びるだけになってしまうので、ショックでした。

こんだけの設備とクオリティーで税込15,000円は選んだ自分の完全なミスでした。いいお金の使い方ができていませんでした。ここはたぶんもう行かないでしょう。

スコアーもそんな精神に比例してかどうしょうもないスコアーになってしまいました。

次回は2週間後にゴルフしてきます。場所はまだ未定です。今度はいいコースを選ぶようにします。