舌下免疫療法でQOLを上げる

毎年2月から5月に掛けてスギ、ヒノキ花粉に苦しんでる方に朗報です。

数年前から花粉対策として舌下免疫療法が健康保険適用になりました。これは花粉を毎日舌の下に垂らすことによって花粉の免疫を体内に作って、花粉が飛散する時期に花粉症に苦しまないようにする療法です。

毎年花粉に悩んでいる人はこの時期から始めれば早い人で来年の花粉が飛散する時期には効果が表れ始めて、仕事や生活に支障をきたさずに済むらしい。

僕は毎年花粉に苦しんでいる人間なので、早速今日耳鼻科に行き舌下免疫療療法の相談をしてきました。
始めに鼻水の成分と取らされてその後腕に何種類かの花粉の成分が入っている液を垂らされて、皮膚が蚊にさされたように腫れ上がり痒みが生じたらその花粉に対してアレルギーを持っているとの事。
僕はスギ花粉、ブタクサ花粉に反応していてダニ成分には反応しませんでした。
その後薬局に行き花粉溶液をもらい、最初は舌下免疫療療法の仕方を医者から教えてもらいました。

1、2日目は1滴のみ垂らし、3日目は2滴、4、5日目は3滴、7日目には5滴垂らすように徐々に花粉の量を増やしていき、来週からは濃度がさらに濃い花粉を体内に注入していくようです。

花粉溶液は冷蔵保存にして保存方法はしっかり守るよう伝えられました。(溶液状態を良いままにするため)
しかし、花粉症対策で医学的に確立された方法ではないため、万が一体調が優れない状況になったらすぐに医者に連絡するように言われました。
僕の場合、毎年のように花粉症に苦しんでいるため少しの体調が悪くなってやめてしまうよりかは、今しっかりと対策を行なってQOLを上げたほうがよいと感じでいるため、筋トレ同様に毎日続けていこうと思っています。

成果があがりましたらまた改めてブログに綴って行きたいと思います。